携帯のキャッシュバックが高額な理由

携帯乗り換え時のキャッシュバックキャンペーンは今でも高額?

日本では既に携帯電話が大多数に浸透しているため、完全に新規の顧客を獲得することは難しくなっています。そのため、携帯電話各社では他社より優れたサービスや料金プランを作るだけでなく、携帯乗り換え時のキャッシュバックキャンペーンによって他社から顧客を引き込めるようにしています。
携帯電話の利用契約によっては、解約の際に違約金が発生することもあります。

 

そのため、携帯乗り換えキャッシュバックでは違約金も負担するようなものもあり、乗り換えを行いやすくなっています。
これがキャッシュバックが高額になっている主な理由です。

 

携帯乗り換えキャッシュバックを利用するときに注意する点として、代理店によって条件や金額などに違いがあることもあります。インターネットで契約しなければもらえないようなものもあるため、利用する前にどの経路で契約を行うと最も得になるのか調べておく必要があります。

 

 

また、キャッシュバックに釣られて乗り換えを行うと、後になって自分にとって有利な料金プランがなかったり、使いたい端末がない、通信状態が悪化した、などの不都合が出ることもあるため、乗り換え先が自分にとって本当に合っているのか十分に検討した方が良いです。
携帯乗り換えキャッシュバックは、条件によっては非常に高額の金額をもらえることもあり、これによって利用する気のない携帯会社に契約しては解約することを繰り返してお金を稼ぐような人もいました。
しかし、高額のキャッシュバックの資金源は利用者の高い通信料であるため一般利用者の損失に繋がり、また、条件として2年間契約するなどの縛りがあることから市場を寡占すると総務省に問題視され、指導が入りました。

 

これにより、以前は場合によっては20万円前後のキャッシュバックを得られることもありましたが、現在では1~3万円程度まで引き下げられています。

 

ところが良く調べてみると、今で高額なキャッシュバックをおこなっている代理店も存在していることが判明しました!

 

 

↓↓softbankに乗り換える、携帯からスマホにかえるなら、〇万円のキャッシュバック。
   来店不要!↓↓
キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

 

 

↓↓東京、大阪、京都にお住まいなら、、こちらも△万円キャッシュバック。
   店舗型なので安心↓↓
ケータイ乗り換え.com

 

 

↓↓家から出ずに、とにかく手軽にスマホを契約したいなら↓↓
ソフトバンク携帯・スマホ

 

 

  • 携帯乗り換えコラム

     

    携帯乗り換えならどこがお得?

    携帯からスマホに乗り換えると何でキャッシュバックがもらえるの?

    携帯からスマホにMNPで乗り換えたら高額なキャッシュバックがもらえた・・・

     

    みなさんも疑問に感じたことはありませんか?

     

    商品・サービスを購入して、代金を払って、なのにキャッシュバックがもらえる・・・

     

    しかも最新のスマホに乗り換えたのに・・・

     

     

    普通に考えたらオカシイ!

     

    携帯とインターネット回線・プロバイダ以外でこんなおいしい話ってないですよね。

     

     

    その疑問、ズバリ解説します!

     

     

    直営店と代理店の違い

     

    そもそも携帯電話の販売店って、どこのキャリアでもほとんどが代理店です。
    直営店はほんの一握りしかありません。

     

    ドコモ、au、ソフトバンク・・・街中にドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップってたくさんありますよね。
    あれ、ほとんどのお店が『のれん』を借りて営業しているんです。

     

     

     

    例えばドコモショップ・・・2013年11月時点で直営店は1つもありません。

     

    全部代理店です。

     

    ドコモ子会社運営の『ほぼ直営店』ですら全国で約90店舗しかありません。

     

    参考:100%出資関連会社による”ほぼ直営店”の一覧

     

     

    直営店がゼロになった理由ですが、私の浅はかな予想ですが
    直営店では市場の競争についていけなくなったんだろうと思います。

     

    直営店と代理店の大きな違いは、代理店は携帯端末の本体価格を自由に設定できることです。

     

    競争が激化して販売価格が低下してきた時、直営店では本体価格を調整できないので結果的に販売価格もそれほど安くすることができません。

     

    いっぽう代理店は本体価格を下げて販売し、たくさん売って販売台数を増やすことで販売奨励金を得ることが可能となります。

     

     

    経営的には他にもいろいろな理由があるのかと思いますが、
    上記の『販売奨励金』の存在が直営店の廃止の原因の1つと思われます。

     

     

    販売奨励金とは何ですか!

     

    販売奨励金って言葉はご存知でしょうか?

     

    ネットで携帯・スマホの記事を調べているとたまに販売奨励金について書いてあったりします。

     

     

    販売奨励金とは、売り上げの増加を目的に、メーカーから販売代理店に支払われる費用のことです。

     

    インセンティブとも言われます。バックマージンみたいなものですね。

     

     

    販売代理店が携帯端末を売ると販売台数に応じてメーカーから報奨金が支払われます。

     

    1か月に100台しか売れない代理店よりも1000台売る代理店のほうが

     

    ・報奨金の総額も多い
    ・1台あたりの報奨金の金額も高い

     

    つまり、より多く売っているお店がより多く報奨金を貰える仕組みです。

     

     

    ビジネスとしてうまい仕組みですよね。

     

     

    販売奨励金を何に使うか?(ここがキモです!)

     

    販売奨励金を得た販売代理店は、このお金を何に使うのでしょうか?

     

    当然お店によって違います。

     

    もらったお金だから自由に使っていいわけです。

     

    日本中を探せば、販売奨励金を従業員との飲み会に使っちゃうお店もあるかもしれません・・・

     

     

    でも、普通に考えたら優秀な経営者は、さらなる販売増のために販売促進に投入します。

     

    販売奨励金を投入すれば自腹を切らなくて済むので効率的ですよね。

     

     

    ここで重要なのは投入できる資金の規模です。

     

     

    ・販売奨励金が少ないと少ししか投入できません。
    ・販売奨励金が多ければ『あれも、これも』といろいろな販売促進に多額の費用を投入することができます。

     

    たくさん売れる ⇒ たくさん販売奨励金をもらえる ⇒ そのお金をたくさん販売促進費に投入する ⇒ さらにたくさん(ry 

     

     

    こんな感じですかね。

     

     

    『おとくケータイ』は販売奨励金をお客様へのキャッシュバックに還元する

     

     

    『おとくケータイ』は販売奨励金をかなりの割合でキャッシュバックとしてお客様に還元しています。

     

    ネット代理店に限らず他の携帯販売代理店も同様の経営戦略をとっている会社もたくさんあります。

     

     

    で・す・が・・・ソフトバンクの訪問販売部門においてお客様満足度ランキングが『おとくケータイ』は全販売代理店の中でNo.1なんです。

     

     

     

    実は私、『おとくケータイ』の運営会社の講習会というか説明会にお邪魔させていただいたことがあります。

     

     

    その時に、

     

    なんで『おとくケータイ』はそんなに高額なキャッシュバックを還元できるのか、聞いちゃいました!

     

     

    まあWeb上だと記録が残るので詳細まではここに書くわけにはいきませんが、

     

    お客様満足度ランキングがNo.1だから販売奨励金が他社より多い・・・かも、とお茶を濁しておきます(笑)

     

    何でもかんでもネットには書けませんからね!

     

     

    これがキャッシュバックが高額な理由なんですが、どうしても知りたい場合は店頭で聞いてみてください。

     

    教えてくれるかなぁ・・・

    記事:のぶ)

     

    ■2014.4月 追記 ここから■
    残念なお話がありますのでトップページの1番下のほうをお読みください・・・
    ■2014.4月 追記 ここまで■

     

     

     

     

 

作成中です。
m(_ _)m