割賦金の残債にはご注意!/延滞ブラックを回避する

残債が残ったまま機種変・乗り換えをして
新しい機種も端末代金を分割で購入すると新たな分割払い契約(個別信用購入あっせん契約/割賦販売契約)を結ぶことになります。

 

 

途中で支払いが遅れると個人信用情報機関に『支払い遅れあり』のマークが記録されます。

 

この『支払い遅れあり』のマークは厳密に言うと24ヶ月間は消えません。

 

 

ご注意ください!

 

特に、

 

・これから自動車ローンを組もうと思っている方。

 

・そろそろ住宅ローンを組んで自宅を購入しようと思っている方。

 

・不動産投資を始めてみようと思っている方。

 

などなど、金融機関から借り入れをする可能性がある方は、クレジットカードの延滞だけでなく、

 

携帯・スマホの割賦支払いの遅れにはくれぐれもご注意ください。

 

 

割賦契約を結んで支払いが遅れてしまうぐらいだったら、携帯・スマホのレンタルのほうがおすすめです。

 

↓↓レンタル携帯をご希望の方は↓↓
スピーディーかつ手軽にレンタル!携帯レンタルならGOODモバイル

 

 

  • 携帯乗り換えコラム

     

    携帯乗り換えならどこがお得?

    携帯の割賦金の残債にはご注意を!

    携帯・スマホを購入する際『実質0円』などの機種を分割(24回払い等)で購入すると
    割賦販売となり分割払い契約(個別信用購入あっせん契約/割賦販売契約)となります。
    ※オンラインショップは二者間販売で個品割賦販売契約、ショップだと三者間販売で個品信用あっせん購入契約となります。

     

    なんだか難しい言葉が並んでいますが、ようは

     

    分割払い = ショッピングローン(借金)

     

    ということです。

     

     

    これは携帯・スマホの契約自体とは別ものです。

     

    携帯・スマホの契約と同時に端末代金をショッピングローンで分割購入する形となります。

     

     

    例えば24回払いで購入するとその後2年間は毎月の支払いが発生します。

     

    2年以内に別の機種に機種変更やMNPで乗り換えても残債が残ります。
    ※残債を一括で支払うことも可能です。

     

     

    残債が残ったまま機種変・乗り換えをして
    新しい機種も端末代金を分割で購入すると新たな分割払い契約(個別信用購入あっせん契約/割賦販売契約)を結ぶことになります。

     

     

    実質0円ってタダじゃないの?』の記事でも書きましたが旧機種で

     

    ・毎月の支払がたびたび遅れていたり
    ・直近3ヶ月で1回でも支払いが遅れたことがある

     

    こんなことがあると、
    新たな分割払い契約(個別信用購入あっせん契約/割賦販売契約)が組めない場合が高確率で発生します。

     

     

    分割払い契約の流れとその後

     

    分割払い契約(個別信用購入あっせん契約/割賦販売契約)をする時に
    携帯キャリア側で審査をする際に個人信用情報機関に照会します。

     

    この人は分割契約しても問題ないかな?
    過去にショッピングでの支払いで遅れがないかな?
    破産とかしていないかな?

     

    割賦契約を結んでいいか、いろいろ調査するわけです。

     

     

    で、『問題ないな』と判断すると携帯キャリアの割賦審査に通って晴れて契約となるわけです。

     

     

    でも、ここからも注意が必要です。

     

     

    24回払いの途中で支払いが遅れると個人信用情報機関に『支払い遅れあり』のマークが記録されます。

     

     

    この『支払い遅れあり』のマークは厳密に言うと24ヶ月間は消えません。

     

    つまり、分割購入した携帯・スマホの毎月の支払が遅れると24か月間は個人信用情報機関に記録が残ります。

     

    その24か月の間に機種変・乗り換えで新たに分割払い契約を使用とした時に
    携帯キャリア側で個人信用情報機関に照会をすると『支払い遅れあり』の情報が残っています。

     

    最悪の場合は携帯キャリアの審査に通りませんので新しい携帯端末は現金で購入するか諦めることになります。

     

     

    個人信用情報機関って?

     

    携帯・スマホの購入に関してのみで言うと、個人信用情報機関とはCICという会社になります。

     

    携帯会社で割賦契約をする際にCICに照会をして問題がなければ割賦契約が結ばれます。

     

    そして分割代金を完済するまで毎月CICに支払い状況が記録されます。

     

     

    CICに登録される情報は

    「氏名」
    「生年月日」
    「住所」
    「電話番号」
    「勤務先の商号または名称」
    「運転免許証の番号(本人が交付を受けている場合)」
    「本人確認書類の記号番号(当該書類により本人確認を行なった場合)」
    「配偶者貸し付けの場合は、当該配偶者に関する上記の事項」
    「契約年月日」
    「貸し付けの金額」
    「貸し付けの残高」
    「元本または利息の支払の遅延の有無」
    「総量規制の対象外の契約に該当する場合にはその旨」


    とたくさんあります。

     

     

    この中で携帯・スマホに関して重要なのは『元本または利息の支払の遅延の有無』です。

     

     

    CICにおける、分割支払いの遅延情報

    分割払いの毎月の支払いをキチンと払っているとCICの情報の『$』というマークがつきます。
    これは『毎月支払いの遅れなく払っていますよ!』の意味です。

     

    携帯・スマホの支払いに限らず、
    この『$』マークばかりの履歴がある人は『ちゃんとお金を払う人』として信用度がUPします。

     

     

    ですが、毎月の支払が遅れるとCICの情報に『A』というマークがつきます。

     

    この『A』マークはCICの場合24ヶ月消えません。

     

     

    正直なことろ、1回『A』マークがついても深刻な問題とはなりません。

     

    問題は連続して3回『A』マークがつくこと、つまり3ヶ月連続して携帯料金を滞納することです。

     

     

    3ヶ月連続して滞納するとCICでは
    CICの情報内の『26.返済状況』と『34.支払遅延有無』の項目に異動情報というものが記載されます。

     

     

    これがいわゆるブラック(延滞ブラック)と呼ばれるものです。

     

     

    延滞ブラックになるとどうなるか

    延滞ブラックの情報は契約期間中(この場合最長24ヶ月)および取引終了後5年間消えません。

     

    また遅延情報・ブラック情報は各携帯会社で情報共有しています。

     

     

    ドコモで遅延ブラックになると、auやソフトバンクでもその情報を知ることが出来ます。
    つまりauやソフトバンクでも分割購入できない可能性が非常に高いということです。

     

     

    また、携帯・スマホに限らずその他のショッピングローンでも
    CICを覗くクレジットカードでは当たらなショッピングローンが組めないかもしれません。
    ※このへんは各クレジットカード会社の審査基準によって異なります。

     

     

     

     

     

    たかが携帯・スマホの支払いで最悪このような状況になるわけです。

     

     

     

    携帯・スマホの支払いは高くても毎月数千円から1万円ちょっとの支払いかと思いますが
    軽く見ないでキチンと延滞なく支払うように心がけましょう!

     

    記事:のぶ)

     

     

 

作成中です。
m(_ _)m