ガラケーからスマホに変えるのに一番安いのはどこのキャリア?

そろそろスマホに変えたいなーと思っていても、
「携帯代が高くなるんじゃ・・・?」と不安になり
結局そのまま、なんて人多いと思います。

 

確かに、ガラケーからスマホに変えると、月々の料金は高くなります。
なぜかというと、
スマホの料金プランは、ガラケーと比べてパケット通信料の定額サービスが高いのです。

 

 

ガラケーでも、パケット通信料の定額サービスに加入している人がほとんどだと思いますが、
スマホの場合、その金額が各社1000円~2000円ほど上がります。

 

ただ、これは仕方のないことだと、私は思います。

 

 

 

今はほとんどの人がiPhoneにしますのでiPhoneの料金で比較してみます。

▼iPhone7 32BGの場合
docomo au ソフトバンク
基本使用料

980円

シンプルプラン(スマホ)

934円

(LTEプラン※1)

1,700円

(通話定額ライト)

インターネット接続料

300円

(spモード)

300円

(LTEネット)

300円

パケット通信料

6,500円

(シェアパック5(小容量)(5GB))

5,700円

(LTEフラット)

5,000円

(データ低額5GB)

通信量制限

7GB※2

合計

7,780円

6,934円

7,000円

(2017年6月調べ)

※1時~21時まで、au宛の通話が無料です。
※2 当月ご利用のデータ通信量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになります。

 

 

これに消費税と、各種割引サービスが加わりますので、3社とも上記金額より2,000円前後安くなります。

 

 

ガラケーからスマホ・iPhoneの変更して1番違うのはパケット代金がガラケーのときと比べて高いことです。
まあYoutubeとか高画質で見るとすぐに3GB・5GBとなるので、これは仕方ないです。

 

 

iPhoneでもスマホでも月額料金はあまり変わりません。
ガラケーに比べてパケット代が高くなる以外はだいたい一緒です。

 

 

諸々考慮すると、おとくケータイ等を利用してキャッシュバックをももらうのが1番持ち出しが少ないです。

 

 

↓↓softbankスマホに乗り換える、携帯からスマホに変えるならこちら。
   〇万円のキャッシュバック!来店も不要。↓↓
キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

 

 

↓↓東京、大阪、京都にお住まいなら、、こちらも△万円キャッシュバック。
   スマホに変えるのも、店舗型なので安心↓↓
ケータイ乗り換え.com

 

 

↓↓家から出ずに、とにかく手軽にスマホに変えたいなら↓↓
ソフトバンク携帯・スマホ

 

 

 

  • 携帯乗り換えコラム

     

    携帯乗り換えならどこがお得?

    ガラケーからスマホへの乗り換えで一番安いのは?

    そろそろスマホに変えたいなーと思っていても、
    「携帯代が高くなるんじゃ・・・?」と不安になり
    結局そのまま、なんて人多いと思います。

     

    確かに、ガラケーからスマホに変えると、月々の料金は高くなります。
    なぜかというと、
    スマホの料金プランは、ガラケーと比べてパケット通信料の定額サービスが高いのです。

     

     

    ガラケーでも、パケット通信料の定額サービスに加入している人がほとんどだと思いますが、
    スマホの場合、その金額が各社1000円~2000円ほど上がります。

     

    ただ、これは仕方のないことだと、私は思います。

     

     

    パケット通信料というのは、データの送受信にかかる料金ですが、
    ガラケーとスマホでは、送受信するデータの大きさがぜんっぜん違います。
    スマホになると数倍から数十倍もデータ通信量が増えると言われています。

     

    文字主体のデータが多いガラケーの対して、スマホは動画などのデータがメインとなります。
    スマホを持っている人は手軽にYoutubeとかを視聴しますからね。
    ちょっとした空き時間にスマホをとりだしてパッと見る感じです。

     

    スマホは本当に便利ですよね!

     

     

    それだけ大きなデータが送受信できるので、
    長時間の動画を高画質で視聴できたり、LINEのようなリアルタイムなやりとりができたり
    バージョンアップで新しい機能の追加(※)が可能なんです。

     

    ※先日iPhoneのバージョンアップでは、カメラに連写機能がついたそうです。
    ガラケーの場合、機種変更しない限り新しい機能は手に入らないですよね。
    そこもスマホのいいところです。

     

    そういう理由で、スマホの料金設定が高くなってしまうのは、まぁ、納得せざるを得ないのですが
    それでもやっぱり、少しでも安くしたいですよね。

     

     

    というわけで、各社のスマホ・iPhoneの料金プランを調べてみました。
    ※2年契約で一番安い基本使用料(無料通話無し)で比べています。

    まずはiPhoneの料金です。

    ▼iPhone(iPhone 5s、iPhone 5c)

    docomo au ソフトバンク
    基本使用料

    780円

    (タイプXi にねん)

    980円

    (LTEプラン※1)

    980円

    (ホワイトプラン)

    インターネット接続料

    315円

    (spモード)

    315円

    (LTEネット)

    315円

    (S!ベーシックパック)

    パケット通信料

    5,460円

    (Xiパケ・ホーダイ for iPhone)

    5,460円

    (LTEフラット)

    ※LTEフラットスタート割適用※2

    5,460円

    (パケットし放題フラット for 4G LTE)

    ※4G LTE定額プログラム適用

    通信量制限

    7GB※3

    合計

    6,555円

    6,755円

    6,755円

    (2013年11月調べ)

    ※1 誰でも割適用時
    ※2 auスマートバリューとの重複適用不可なので、今回は自宅のネット環境は除外して計算しました。
    auスマートバリューとは、auスマホ・iPhoneを使っていて自宅のネット回線をKDDIにすると月額最大1,480円割引になる割引サービスです。(auスマホ・iPhoneを使っているご家族も安くなります。)

     

    ※3 当月ご利用のデータ通信量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになります。


    docomoが200円安いのですが、auとソフトバンクは同じキャリア間なら1時~21時まで通話無料です。

    次はスマホ、LTEの料金です。

    ▼LTE(4Gスマートフォン全般)
    docomo au ソフトバンク
    基本使用料

    780円

    (タイプXi にねん)

    980円

    (LTEプラン)

    980円

    (ホワイトプラン)

    インターネット接続料

    315円

    (spモード)

    315円

    (LTEネット)

    315円

    (S!ベーシックパック)

    パケット通信料

    4,935円

    (Xiパケ・ホーダイ ライト)

    5,985円

    (Xiパケ・ホーダイ フラット)

    5,985円

    (LTEフラット)

    5,985円

    (パケットし放題フラット for 4G)

    通信量制限

    3GB ※1

    7GB※2

    合計

    6,030円

    7,080円

    7,280円

    7,280円

    (2013年11月調べ)

    ※1※2 当月ご利用のデータ通信量が3GB(7GB)を超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになります。


    docomoのパケット定額料ですが、3GBのほうは少し安い設定になっています。
    ちなみに写真を送ったりネットて調べものをする程度なら3GBで十分ですが、動画を見る場合は3GBではぜんぜん足りないでしょう。
    えー、通話しなくて動画見ない人はdocomo(・・・スマホに変えなくていいかもしれません!)

     

    auとソフトバンクは同じ料金なので、電話をかける相手にどちらが多いかですね。

     

     

     

    販売代理店独自のキャッシュバック特典を考慮しなければ、
    ・そんなに通話しなくてXiのパケ詰まりを気にしない人はdocomo
    ・動画視聴やネットをよく使う人はauかソフトバンク
    ・電話をかける相手にauが多い人はau
    ・どちらとも言えない人はソフトバンク

     

    といったところでしょうか。

     

     

     

    こうやって比べてみると、どのキャリアも料金をほとんど揃えてきているので
    どの機種が欲しいか、とか、乗り換え時の特典がお得なのはどこか、とかで決めちゃってもいいと思います。

     

     

     

    乗り換え(MNP)の場合、それぞれのキャリアでの乗り換え専用の割引サービス販売代理店独自の特典で最大7万円のキャッシュバックとかがあるのですが、今回は純粋な金額を計算してみました。

     

    ※2014年4月に『キャッシュバックを制限するよう』総務省から各キャリアに通達がありましたおかげで30000円に減額されました。

     

    記事:はっしー)

     

    乗り換えで最大○万円を手に入れる方法とは?

    ■コラム■
    乗り換えか機種変か
    iPhoneかスマホか

     

    いろいろな割引サービス・魅力的な端末がたくさんあって、選択肢が広がっちゃって、『最終的にどれを選べばいいのか』迷っちゃいますよね!

     

    iPhoneは相変わらず人気があるし、スマホも最新機種は性能がスゴイし・・・

     

    各社競争が激しいから魅力的な割引サービスや乗り換え優遇のキャンペーンもありますしね!

     

     

    当サイトの記事はドコモ・au・ソフトバンクを比較した際、客観的に見るとドコモにちょっと不利な記事が多いように思います。

     

     

    でもですね、客観的に申しますと

     

    ドコモの評価が下がるのはドコモのXiのパケ詰まりが原因なんですよね。

     

     

     

    参考:【衝撃事実】ドコモユーザーが足をガクガクさせながら目を真っ赤にして涙目 / ドコモの「パケ詰まり」がひどすぎる件

     

    参考:「iPhone 5c」パケ詰まり率はドコモがワースト――MMD研究所調査

     

    参考:パケ詰まりを回避するためにiPhone 5s ゴールド 64GBでMNP(DOCOMO→AU)した話

     

     

    Googleで『パケ詰まり』というキーワードで検索した時の直近3カ月の記事です。
    他にもたくさん同様の記事があります。

     

    私や各記事の記事作成者の勝手な思い込みではなく、もはや常識です。

     

     

    別にドコモに何の恨みもありませんが、残念ですがこれが事実です。

     

     

    特にネットも使わず電話だけでOK・・・という人はドコモでも何ら問題はありません。
    ですがネットを利用する人は快適に、というか、あたりまえにネットにつながるキャリアを選んだほうが後悔しなくて済みます。

     

     

    『せっかくiPhoneにしたのに全然ネットに繋がんないんだけど・・・』なんてことにならないよう、ご注意ください。

    コラム:のぶ)

     

     

 

作成中です。
m(_ _)m