MNPキャッシュバックは悪いことなのか?

MNPの際にキャッシュバックをしているお得な会社があります

携帯電話を乗り換える際に番号を変えなくて良いサービスのことを携帯電話番号ポータビリティーと言い、MNPとも言います。
ドコモからソフトバンク、auからソフトバンクなどのように携帯電話会社を変えると、キャッシュバックが貰えるサービスが行われているものもあります。
お得ケータイ.netでは〇万円分のキャッシュバック特典があり、さらにプレゼントキャンペーンも行われています。

 

 

お得ケータイ.netはお客様に対する積極性レベルの満足度がナンバーワンとなっていますので、全国で最も良心的な携帯ショップと言っていいでしょう。
全国に数多くあるソフトバンクの代理店の中で選ばれた賞ですので、とてもサービス面で質が高いと言えると思います。

 

↓↓softbankに乗り換える、携帯からスマホにかえるなら、〇万円のキャッシュバック。
   来店不要!↓↓
キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

 

 

MNPをする場合には、もちろん近所に携帯ショップがあれば訪問して行うこともできます。
ケータイ乗り換え.comではプレゼントキャンペーンサービスも行われており、即日対応も可能な会社です。
機種変更をすれば〇万円、新規契約の場合でも〇千円のキャッシュバックがありますので非常にお得です。
※キャンペーンの内容はタイミングによって若干異なります。

 

↓↓東京、大阪、京都にお住まいなら、、こちらも△万円キャッシュバック。
   店舗型なので安心↓↓
ケータイ乗り換え.com

 

 

使わなくなったスマートフォンをお持ちの方であれば、ネットオフで高値で買い取ってもらうことができます。
ネットオフでは宅配買取という方式が採用されており、インターネット上から申し込みをすると自宅に箱が送られてきて、箱の中にスマートフォンを入れて会社に送ることになります。
その後に査定をしてもって、買取が成立するしくみとなっています。

 

 

スマートフォンのデータ通信速度の面で、ドコモとauよりも速いソフトバンクはつながりやすさもナンバーワンとなっています。

 

 

ただし、普通の電話機能として使用する場合ではドコモやauのほうがつながりやすいという声もありますので、
ユーザーの使用の用途に合わせて携帯乗り換え・スマホ乗り換えを行うことが良いでしょう。

 

 

  • 携帯乗り換えコラム

     

    携帯乗り換えならどこがお得?

    乗り換えキャッシュバックは悪いのか?

    携帯・スマホの乗り換えキャッシュバックに関しての私の個人的見解を書いておこうと思います。

     

     

    ちょっと真面目で難しい話となりますので、『ゴタクはいいから・・・』という人は【地域別】乗り換えキャッシュバックおすすめ代理店のページをご覧くださいませ。

     

     

    このページでは、最初に乗り換えキャッシュバックの経緯と目的を書いて最後に私の考えを書きますね。

     

     

    乗り換え(MNP)キャッシュバックの経緯

    大昔はキャッシュバックではなく、クーポンでした。
    それが現在の高額キャッシュバックになったのは、
    巷では『auが始めてソフトバンクが後を追い、最後にドコモもやり始めた』
    というのが定説となっています。

     

     

    私が調べた感じではネット検索結果の履歴にでてくるのは2001年2月頃からで、
    やはりauが最初のような感じです。

     

     

    最初は5,000円キャッシュバックとか安い金額だったみたいですが・・・

    各社クーポンで割引する

    新規契約で5,000円~10,000円キャッシュバックのキャンペーンが盛んになる。

    auが2011年10月14日にiPhone 4S販売開始に伴いMNP10,000円キャッシュバックキャンペーンを開始。

    金額がエスカレートしていき2012年の春にはMNPで5,6万のキャッシュバックが主流となります。

    しばらく同じような金額で推移していましたが、2014年2月に総務省の『通信分野の法制度を抜本的に見直すための有識者検討会』でキャッシュバックの高額な点が問題視される。

    2014年4月上旬 総務省から各キャリアにキャッシュバックを制限するよう通達。

    2014年4月中旬 各キャリアから販売代理店に通達。

    2014年4月下旬 MNPキャッシュバックが30,000円に減額。

     

    以上のような流れです。

     

     

    MNPキャッシュバックの目的

    上の経緯においての1番最初の頃はMNPではなく新規契約でキャッシュバックでした。
    これは新規契約者数を増やすのが目的です。

     

    ところが、MNPキャッシュバックにすれば

    ・自社の契約者数UP
    ・MNP元のキャリアの契約者数DOWN

    という一石二鳥なことに気づきました。

     

     

    ここからキャッシュバックの主な対象が新規契約からMNPに移ります。

     

     

    大昔のクーポン、現在のキャッシュバック、あと景品とか・・・すべて契約者数の増加が主な目的です。
    au・ソフトバンク・ドコモなどが独自に施策する場合もあれば、
    販売代理店に払われたインセンティブを利用して販売代理店が施策する場合もあります。

     

    今回問題となったのは、主に販売代理店でおこなわれているキャッシュバックキャンペーンです。

     

     

     

    MNPキャッシュバックに関する私の考え

     

     

    私は5回線所有しています。

    1回線目・・・メインのスマホ(通常の使用がメイン)
    2回線目・・・iPhone 5s(サイトの表示確認用)
    3回線目・・・iPad retina(サイトの表示確認用)
    4回線目・・・Wifiルーター
    5回線目・・・昔のガラケーの時のやつ

    1回線目以外は今となっては特別必要ではありませんが、維持しています。
    MNPキャッシュバックがあるからです。
    ※とはいってもiPhoneは良い機種ですよね。

     

     

    3円維持とか面倒だしそこまでしようとは思いませんので各回線毎月それなりに費用がかかっていますが、
    2年ごとにMNPしてキャッシュバックの金額が2年間の総費用より多ければ良いかな・・・という認識です。

     

     

     

    高額キャッシュバックについて、
    ちまたでは契約者が悪いような意見もチラホラありますがそれは少し間違っています。

     

     

    高額キャッシュバックのキャンペーンを展開しているのは販売代理店ですが、
    その費用の出どころは各キャリアです。昔問題になったインセンティブです。

     

     

    インセンティブが問題となったので表向きはなくなったことになり(実際はなくなっていません)、
    それが形を変えてキャッシュバックになり、
    新規契約でのキャッシュバックがMNPでのキャッシュバックになったという感じです。

     

    ライバルのキャリアにダメージでかいですからね。

     

     

    ちなみに2014年4月にはKDDIの田中孝司社長がキャッシュバックについて語っています。
    http://k-tai.impress.co.jp/docs/interview/20140404_642779.html

     

    こんなこと言ってても最初に始めたのはauみたいですけど・・・

     

    『自分は悪くないよ』とか言っても始めたのはauあるいは携帯キャリアでしょ!と言いたいです。

     

     

    また、販売代理店だって死活問題ですからね。

     

     

    販売代理店に高額なインセンティブを払い続けておいて、そのインセンティブが高額MNPキャッシュバックに使われているのも知っていて、『本当はやりたくなかったんだよ!』なんて言い訳、通用しませんよ!

     

     

     

    エントロピーの法則ってご存じですか?

    エントロピーの法則(インク)

     

    綺麗な水の入ったコップに赤いインクを1滴入れると、
    最初はその周辺がにじむだけですが、やがて水全体がインクと混ざり、最後には均等に薄いピンク色の水となります。

     

     

    インクではなく油を1滴垂らしたら混ざりませんよね。

     

     

    キャッシュバックキャンペーンのシステムは私達ユーザーが考案したものではなく、携帯キャリアが考案・開始したものです。

     

     

    auが最初かは問題ではなく、
    各社がどういう意図でキャッシュバックキャンペーンのシステムを受け入れて展開したかの考えも問題ではなく、

     

    キャッシュバックキャンペーンのシステムを携帯各社が受け入れて展開してきた

     

    という事実があるからここまで高額なキャッシュバックになりました。

     

     

    1社が始めて他社が拒否すれば高額キャッシュバックのシステムは携帯業界には浸透しませんでした。
    3社が受け入れたから業界全体に浸透して、先月までの高額キャッシュバックとなりました。

     

     

     

    それを高額キャッシュバックを利用したユーザーが悪い、みたいな風潮は論理のすり替えです。

     

     

     

    キャッシュバックキャンペーンのシステムは携帯キャリア各社が開始したものです。

     

    違法なものであれば問題ですが、現状合法です。
    違法でないから携帯各社がここまで展開してきました。

     

     

     

    ただし、
    知ってる人と知らない人で不公平感があるのも事実(これは世の常)ですし、
    短期間にMNPを繰り返す人がいるのも事実(こっちは少しだけ問題あり)です。

     

     

    携帯・スマホ利用者の意識・モラルの問題もあるかもしれませんが、そういうシステムを形成して助長してきたキャリアが解決すべきことです。

     

     

    自由競争とモラルのバランスがあるので簡単には解決できないかと思いますが、問題があるのであれば利用者ではなく提供者である携帯キャリアが解決すべき問題です。

     

     

     

    この考え、間違っていますかね?

     

     

    別に異なる意見をダメというつもりもありませんので、私の考えが間違ってると思えばこのページをお閉じください。

     

     

    キャッシュバックの今後

     

    クレームがついたので今後はキャッシュバック減額あるいは景品等の別のものに置き換わるかと思います。

     

     

    昔で言うインセンティブが今まで高額キャッシュバックに流れていましたが、
    今後はインセンティブが端末価格の低下や景品等に流れていくかもしれません。

     

     

    すぐにではありませんが、
    高額キャッシュバックは徐々になくなってMNPキャッシュバックは多くても10,000円とかになると思います。

     

     

    時代の流れなのでこれは仕方のないことです。

     

     

     

    2014年5月の時点でMNPキャッシュバックは30,000円が主流ですが、

     

    今後この金額は減ることはあっても増えることはない

     

    と思います。

     

     

    ご検討されるのであれば1年以内にご決断されたほうが良いかと思います。

     

     

    記事:のぶ)

     

     

 

作成中です。
m(_ _)m